生理痛が起こる人と起こらない人の違い

生理痛は起こる人と起こらない人がいます。生理痛が発生する原因には、子宮内膜を排出しやすく成分であるプロスタグランジンの影響もあります。プロスタグランジンは、生理を発生させるために必要なホルモンですが、分泌しすぎると子宮の収縮が強くなり生理痛が強くなってしまいます。また、骨盤内の冷えにより痛みが増すこともあります。デスクワークなどにより長時間座った姿勢のままでいると下半身が筋力低下などを引き起こし、骨盤内がうっ血し冷えやすい状態になります。その影響により痛みが増すことがあります。
20代以前の若い女性や出産経験のない女性の場合は、子宮の発達が未熟なことが原因で痛みを引き起こすことがあります。子宮の発達が未熟な状態では、子宮の入り口が狭く硬い状態になっており、血液がスムーズに排出できずに、より強く子宮を収縮させることとなるため、痛みが強くなることがあります。この場合は、子宮が成熟することで自然と治まる傾向があります。
生理痛は全く気にならない人もいれば、寝込んでしまうほど痛みが強い人まで様々です。体質や生活習慣の違いの影響を受けることで痛みの強弱に違いがあらわれますが、30代以上の場合は、生活習慣による影響が大きいケースが多いです。30代以上の女性で改善したい場合には、規則正しい生活を心がけ、骨盤内のうっ血を摂るために下半身の筋力を高めることです。ストレッチをする女性足を広げて股割りのストレッチなども効果が期待できます。また、身体を冷やさないことも大切です。室内の温度調整が自分の融通がきくようであれば、室温が低くなりすぎないようにします。会社などで融通がきかない場合には、首や手首、足首などを冷やさないだけでも違います。